5年後の金萱茶

お問い合わせはこちら

ブログ

5年後の金萱茶

2019/05/30

beniです〜

 

兵庫県 加古川市 で中国茶台湾茶のお茶室をやっています。

 

お茶の種類はすごいことになってきてます。

 

特に、去年から、台湾茶は仕入れルートができたことで、

本当の良質な台湾茶を、適正な価格で手に入れられるようになりました。

 

おすすめは、いっぱいありますが、烏龍茶はやはり台湾が一番だと思いますね〜

今日は、そんな台湾茶のお話です。

 

〜〜5年前の金萱茶〜〜

金萱茶はあるの?
って、言うことで

もちろんあるわね〜〜😃

清香型、すなわち、軽発酵の烏龍茶は
高山茶という名前☝️

金萱、はお茶樹の品種の名前なのね

だから、阿里山の高山茶の中の金萱
という感じ⭐️

5年前に購入した金萱

すごい楽しみ、どっちになるか〜🤣🤣

うわぁ〜〜
これはーー

美味しい!💕💕

よく聞くのは、
金萱は奶香、すなわちバニラのような香りだと

こう言うことかなぁ?
購入した当時より、
すごい香りが良くなっている〜〜
味もよし!💕

なぜどっちだと思ったのか
じつは
良い台湾茶は、台湾で手に入れるのは
容易ではない

あるデータでは、
台湾のお茶消費量は年間4万トン
そして、台湾のお茶生産量は、1万数トン😌

台湾人はお茶好きが多いのですね〜〜

じゃ、台湾産じゃないお茶が混じっている??

これは、台湾の茶人なら常識のことで

台湾の茶農家が、技術とテクニックを持って
実際に、作ったベトナムやマレーシア原産のお茶

それも台湾茶、と言うのがあるからですね〜

実際、台湾茶の技術は素晴らしいもので

これらのお茶も、美しい美味しいお茶が多く
台湾茶との区別は難しい

しかし、お茶は成長する環境が
ものすごい重要

お茶葉の本質的な、ミネラルやビタミンの含有
やはり違ってくる

台湾原産とそうでない平地茶
時間を置くと、明らかににちがいが出ます☝️

良質な台湾茶、置くことでさらに美味しく
香り奥行きが広がる✨

本当のお茶好きは、
3年以上置いてから飲むそうな

そうでないお茶は、最初のような味も香りも
抜けていく感じです

5年前は、まだ台湾では何のつてもなかった頃
に購入したお茶

だから、どっちだろうなぁって、
思ったわけです

ただ、高い金萱茶でした

これは、のちに台湾の茶人から聞いた

安くて良い台湾茶は
最初からどこにもないです

なぜなら、量が少ないから
お店に出回っていないから

良質なお茶にも等級があるが
お値段がある程度からになります

だそうですね〜〜

お茶室へお茶飲みに来てください😃

良質なお茶を飲みましょう😌

高くお茶と言っても、コーヒーよりは
安いと思いますし

体のために、毎日のペットボトルのお茶をやめれば

高級な台湾茶が、難なく飲めますね〜🤣🤣