わたしの中国茶の道

お問い合わせはこちら

ブログ

わたしの中国茶の道

2019/05/10

わたしの中国茶の道

しあわせな道は修練

beniです

 

中国語教室もやっています。

基本的には、個人レッスンになります。

中国語のコツは、文法や四音をあとわましで良いので、フレーズを増やし、繰り返して発音練習をすることです。

子供のレッスンも受け付けていますので、

ご相談ください。

 

今日は、わたしの感じ考えを書いたりしてます。

 

〜〜わたしの茶の道〜〜

わたしは、
こう見えて^ ^
本来ものには執着心がないのだ

 

淡白な性格で
物的には、それほどこだわっていない

 

空気や空間が居心地が良い
好きと感じるひとと一緒にいたい(^.^)

そんなことを思っている

 

わたしは看護師としてが長く
20数年以上にさまざまな人に関わる
そういう職業でもあります(^.^)

 

そういう中で人生観や価値観が
育ってた部分が大きい

 

人生の無常さ
物事の本質
哲学にたどり着く

 

哲学は、人類の最初の学問なんですね〜

 

何故なら、文字を得て
人間だけが深く意味意義について
考えることができるから(^.^)

数千年前から、ひとは考えながら、
生きてきた、
先人は、いろいろと示せるものを残した

 

学問、宗教、思想、政治、経済などなど

わたしは、大人になってからの方が
日々自分の考え方を持つようになっている
良いわるいのではなくて

 

そういう論理的に考えること
空想することが好き

傍観者的な目線で自分自身を眺めてたりもする

 

しかし、
心の奥の方に、単純で幼い女の子が
居る感じが、昔からあり

その子が喜ぶことがわたしのしあわせだった

 

恋愛において
ひとへの執着が捨てられずになった時期から
執着心って、こうも苦しいのかと思った

 

そのひとへの執着を
わたしは、しあわせを感じるお茶へ変えようと
それが、わたしの茶の道の始まり

 

お茶は、美味しい楽しい
自分の中で一番、居心地が良い時間

 

茶樹から茶葉からひとの加工によって
自然からのお茶は確かにそこにいる

 

お湯を注いで茶湯をいただく
ただ、それだけ

 

食べ物、飲み物
ただ、それだけ

 

それが、しあわせに生きている
と感じられる瞬間なら
最高なんです

生きる道は、それほど単純でわかりやすいです

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

昨日は、薬膳鍋のお勉強も兼ねて
和歌山へ

そして

 

今週末のお茶会、5月12日、11:00〜
曼荼羅点描画の体験とのコラボです^_^

韓国料理ランチもついています。

 

韓国料理店のオーナーも画家さんです、
アートな非日常を感じていただくことができます⭐️

当日、中国茶台湾茶も購入できます。

https://www.facebook.com/events/1987067021420564/?ti=icl

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

古城のある姫路で

お会い出来たら、嬉しいです。