普洱茶と台湾の歌

お問い合わせはこちら

ブログ

普洱茶と台湾の歌

2019/04/29

普洱茶と歌

台湾の歌を聞きながら

中国茶教室

beniです〜

週末はこんな感じでした

 

週末はお茶会とお茶レッスン

恒例の水汲み

そして、夜はお茶の袋詰め

 

わたしは47歳

アンチエイジングなことにはそれなりに努め

しかし、老化現象もちゃんと受け入れるようにします

例えば、目、乱視が年々ひどい

だから、お茶シールがひどく斜めに貼ってしまう

これもご愛嬌ということで

 

普洱熟茶、そのうちの一番お値段を抑えてる種類

それでも、かなりの良質なもの

紫砂の茶壺で必ず寝かせるから

全く癖のない美味しい普洱茶になります

 

その次が、高価の方の蜜香烏龍茶

やや高いです、不思議と良く売れる

売れ切れたりします

 

中国台湾のお茶がわからなくても

みんな、美味しいものはわかるって思う

だから、今年の東方美人

すでに売り切れ、以前の仕入れ先とちがう産地

えらい美味しいできで

飲んだひとは、すぐに欲しくなるという

美味しいお茶は、何杯でも飲めっちゃうもの、体が正直だから

でも、美味しいお茶は必ず良いお茶葉

丁寧な工程で作られる背景がある

仕事しながら、10年間忘れていたお茶を思い出し

 

景邁の普洱茶

もうだいぶ発酵の変化が進んだ✨

 

買った時とは、随分味が変わったわね

 

美味しい、お腹が気持ちが良い

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大型連休ですね〜〜

休みってなんだろって、少し思う

わたしは、あまり休みというのが

良くわからない、というか

休みというのは、時給をもらう仕事から離れ

自分の好きな仕事に没頭できる日だったり

そういう感覚

仕事は好きなんですね〜

これは、若い時から思ってたこと

頑張っている目標は決して、仕事をやめて

楽すること、毎日遊んで暮らす

海外移住とかではないの

想像するとわたしには

間違いなく飽きるだろうな

給料をもらう仕事もすごく楽しいと思う

自分の仕事も、もちろん楽しい

その先にある目標は

しっかりとある限りね

むしろ、一生続けられる仕事を

探していたのかもしれない

 

ひとは欲張りな生き物

隣の芝生が青いとは、良く言ったものだと思う

目標が定まらない時は

ひとの全てが良く見えたりする

でも、それは、そのひとの表面で

そのひとの苦労や労力を見えないから

その労力が苦労と思わないこともある

それが、自分から望んですることならね

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日も、がんばって美味しいお茶を提供します

中国茶教室では、お茶の種類別で行っていく

お茶コースの個別レッスンを行います

将来の中国茶台湾茶ソムリエ

そういうひとを増やしたい

自分ブランドの普洱茶も立ち上げ準備

お茶、お茶器の展示館も作りたい⭐️

だから、たくさんのひとに知ってほしい

健康は美、健康は毎日続けること

美味しいから、続けられること

飲み物から、生活習慣を変えられる

それが中国茶台湾茶の潜在威力

 

茶室beni

神戸から電車で40分
 

benichinatea.com