生ぷーってなに

お問い合わせはこちら

ブログ

生ぷーってなに

2019/04/25

生ぷーって知ってる?

普洱茶の生茶

べにです〜

 

中国茶を愛してやまない20年。

そのためにお茶室まで作りました。

そんな中国茶マニアでもあります(^.^)

 

お茶の収集家でもあります。

今では、何種類あるのって、聞かれたらすぐに答えられないくらいに、個人的に収集しています。

 

主に発酵茶が多いですね。そして、香りとフルティさは烏龍茶、味わいは普洱茶だと思っています。

 

そんな普洱茶は、生茶と熟茶があります。

日本では、熟茶の方が多く流通しています。生茶は馴染みがまだまだ少ないです。

そのちがいは、人工的な発酵を加えていない、完全自然発酵する、というところです。

 

生茶を飲まれたお客様さまから、生ぷーという愛称で呼ばれています^_^

 

味わいも普洱熟茶とは、全く別物になります。そして、後発酵という性質上、置けばおくほどに発酵が進み、10年以上は老茶と呼ばれ、まろやかな甘さをもち、その効能も素晴らしいものがあります。

 

生ぷーは、シンプルな作り方をされます。お茶の本来の質に大きく影響されます。

雲南省の勐庫の山で取れた、完全自然の有機栽培茶、老樹と呼ばれる100年以上樹齢の樹を使用しています。

 

茶の気、という、長い年月にお茶樹に吸収される、大地や土や岩、それらからのミネラル成分栄養分が、お茶葉に凝縮されます。それが、茶気です。

この生ぷーの茶気は強いです。まだ、2年目ですが、とても爽やかな香り、味わいは、ほんのり甘く、草原や林を彷彿させる。

 

仕入れにより数量限定で、緊縮茶という、数量限定で、價格もかなりリーズナブルです。寝かせてみるのも、発酵の変化が楽しめるお茶です。